yahman cajonとは?

海と山に囲まれた街、熊本県玉名市にある小さな工房で天然の木材を使用し、ひとつひとつ手作業で制作しています。玉名市は気候も温暖で自然災害も少なく、日照時間も全国的に良いので楽器作りに適した環境です。

カホンを作り始めたきっかけは、学生の頃から音楽活動をしていたことです。もともとギターをしていたのですが、楽曲を制作していくうえで、打ち込みでなく生のドラムの音が欲しいと思い、ドラムのような音が出せる手軽な楽器はないかと探していたところ、カホンという楽器を知りました。

しかし、なかなか音質の良いカホンに出会うことが出来ず、「それならば納得のいくカホンを自分の手で作ろう」と思いカホンの制作を始めました。

もともとバンドや楽曲の制作をしていたこともあり、音にはかなりこだわりを持って作っています。ただ音量が大きいと他の楽器や歌声の邪魔になるので、カホン特有の音の「おいしい部分」を引き出せるよう抜け感や音質を考えながら制作しています。

また、ライブやレコーディングでマイクを使用する場合でも音質を損なわないように調整しています。

そうやって作られたカホンの魅力は、市販の物にはないパワフルで繊細なサウンド、豊かな倍音、ヌケが良く温かな音色、ひとつひとつのカホンに秘められた想いです。同じ木材がひとつとしてないように、同じカホンもひとつとしてありません。

時代を超えて愛され続け、時を重ねる毎に奥深さが増す音色・・・。そのような1台を手にしていただくために、多種少量の手工生産というスタイルを守っています。

「Only one sound,Only one cajon」 この世にひとつしかない音をあなたのもとに届けます。

製作者

弥山 大生 Hiroki Yayama
1986年熊本県荒尾市生まれ
大学時代に楽曲制作を始める。
2015年カホンを作り始める。
2017年カホン工房開設
2019年ジャムスタンマジックの横溝あつしさんと共同開発した「Navigator 横溝あつしモデル」発表。